単行本
単行本

マインド・コントロール

岡田尊司

  • 定価:本体1,200円+税
  • 発売日:2012年12月06日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

理性的な若者をカルトに引き込み、テロリストに変貌させるマインド・コントロール。
その技術は彼ら反社会的集団だけのものではない。心を操る技術は、国家的な規模で研究されてきた長い歴史を持つのだ。
パブロフが先鞭をつけ、CIAも追随した、行動を操る技術。人をある種の極限状態に置き、意のままに動かすこの技術は、反体制的な人物をコントロールするため、かつて東側諸国の国家機関が利用した。
一方、フロイトに代表される心理療法は、その後、天才催眠療法家ミルトン・エリクソンがその技術を大きく発展させた。心を気づかれないうちにある方向へと誘導する「イエス・セット」や「ダブルバインド」などの技法は、エリクソンが考案したものだ。
これらの技術の集大成は今、広告戦略や怪しげな人心誘導術として、盛んに〝民間活用〟されている。
著者は、医療少年院で実際にマインド・コントロールの事例を扱うこともある精神科医。本書では古今東西の事例を辿りながら、その正しい原理と解毒法、そして人の心を支配するタイプ、されやすいタイプなどについても分析を試みる。
人を操る技法は、悪用も善用も可能だ。まずはその存在を知ることが、あなたの心を守るワクチンとなるだろう。

担当編集者より
人気芸能人が占い師に洗脳されてしまった事件がありました。なぜ、人はいとも簡単に心を操られてしまうのか? その疑問に答える岡田さんは、臨床現場で実際にそうした事例とも向き合っています。人の心や行動を操る技術は、世界で長い時間をかけて研究されてきました。ある時は国家規模で、ある時は心理療法として。古今東西の事例からわかるのは、時に犯していない犯罪すら認めてしまう、人の心の意外な動きです。洗脳技術“民活”時代を生き抜く上で、本書は重要なワクチンとなるでしょう。(AI)
商品情報
書名(カナ) マインド コントロール
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 軽装 並製
初版奥付日 2012年12月05日
ISBN 978-4-16-376060-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く