作品紹介

銅版画家・山本容子さんが偏愛するアーティストを描いた版画と、絵画制作を通じて彼らと〝対話〟することで浮かんだ短い文章を集めた、オールカラー豪華本です。山本さんの独創性溢れる作品群は、幼少時からの豊富な読書量に裏打ちされたもの。グリム兄弟、アンデルセン、ルイス・キャロルから、ドストエフスキー、ヴァージニア・ウルフ、ヘルマン・ヘッセ、ロマン・ロラン、フランソワ・サガン、そして日本では、泉鏡花、堀辰雄、円地文子、幸田文、白洲次郎・正子、金子みすゞ、吉田健一……さらには、ピカソ、モネ、ゴーギャンといった画家、バッハ、ショパン、コルトレーンといった音楽家、果ては志ん生や料理人エスコフィエら、何と119人もの容子さんの偏愛するアーティストの肖像が銅版画で描かれます。おまけとして、それぞれに短い文章が「オリジナル蔵書票」としてつけられました。実に素敵な絵と文章のハーモーニーですが、こんなに自らの創作の秘密を明かしていいものだろうか……と心配になるほどです。
雑誌「本の話」創刊号から表紙を飾ってきたシリーズの第二弾ですが、今回はまったく装いを変え、元はモノクロの銅版画に容子さん自身が鮮やかな彩色をした豪華本になりました。エレガントな美しさと、知的な遊び心に満ちた「読む美術館」「見る図書館」をご堪能あれ!

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
銅版画家・山本容子さんは、「私の絵は言葉で書いている」と言います。その独創性溢れる作品群は、幼少時からの豊富な読書量に裏打ちされたもの。グリム兄弟、アンデルセン、ルイス・キャロルから、ドストエフスキー、サガン、幸田文、白洲次郎・正子、金子みすゞ、吉田健一……さらには、ピカソら画家、音楽家、料理人エスコフィエに至るまで、119人もの容子さんの偏愛するアーティストの肖像が銅版画で描かれます。オールカラー豪華版の、「読む美術館」「見る図書館」を心ゆくまでお楽しみください。(MJ)
商品情報
書名(カナ) ヤマモトヨウコノアーティストズカン ヒャクトジュウクノポートレイト
ページ数 96ページ
判型・造本・装丁 A4判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2013年02月20日
ISBN 978-4-16-376090-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く