作品紹介

14年間ともに暮らした愛犬タケ(ジャーマンシェパード)との最後の日々を綴る。足が弱くなり階段から転げ落ちるタケ、寝相がどんどん死体っぽくなるタケ、寝たまま排泄するタケ……重なるのは遠距離介護(カリフォルニア⇔熊本)をしていた父親の姿だ。

1978年『草木の空』でデビュー、1985年『良いおっぱい悪いおっぱい』で、「子育てエッセイ」という分野を開拓した著者が一貫して追い求めてきたテーマ、性と生殖、そして死。『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』『 女の絶望』『 読み解き「般若心経」』『 閉経記』に続く、生きざま、死にざま。いのちのものがたり。

担当編集者より
14年間ともに暮らした愛犬タケ(ジャーマンシェパード)との最後の日々を綴る。
足が弱くなり階段から転げ落ちるタケ、寝相がどんどん死体っぽくなるタケ、寝たまま排泄するタケ……重なるのは遠距離介護(カリフォルニア⇔熊本)をしていた父親の姿だ。
1985年『良いおっぱい悪いおっぱい』で、「子育てエッセイ」という分野を開拓した著者が一貫して追い求めてきたテーマ、性と生殖、そして死。『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』『 女の絶望』『閉経記』に続くこれは、いのちのものがたり。
商品情報
書名(カナ) イヌゴコロ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年06月25日
ISBN 978-4-16-376460-3
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く