単行本
単行本

ひさしぶりの海苔弁

平松洋子 安西水丸・画

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2013年10月25日
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

週刊文春連載「この味」の単行本化。食をテーマにしたエッセイの第一人者である平松さんの最新作は、独特のほっこりとした語り口と臨場感あふれる描写に磨きがかかり、読みながらヨダレが溜まってくること必至。春は竹の子ステーキ、夏はすいかを丸かじり、秋みょうがに舌鼓を打ち、冬は切山椒に歳末の訪れを感じる――。まさに食の歳時記と呼ぶべき、美味なる世界が展開します。また、飽くなき探究心と抜群の行動力で、パリの絶品クレープから韓国オモニがつくるキムパブ(海苔巻き)、三陸海岸の「うみねこパン」まで貪欲に取材。敏腕ジャーナリストの耳で、加賀の鴨猟師がつぶやいた「アタマのいい鴨はうまいで」という名言も見逃さずキャッチします。ほかにも、新幹線で食べる海苔弁のうまさ、かまぼこ板の美学、油揚げが人格者である理由等々、食という卑近な行為をエンターテインメントに描き、そして時に哲学的に考察したヒラマツ食物誌の決定版。安西水丸さんのイラストも多数掲載しています。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
食をテーマにしたエッセイの第一人者である平松洋子さんの最新作は、「週刊文春」の人気連載「この味」を一冊にまとめたもの。独特のほっこりとした語り口と臨場感あふれる描写に磨きがかかり、読みながらヨダレが溜まること必至です。新幹線で食べる海苔弁の美味しさ、油揚げが人格者である理由、そしてかまぼこ板の美学とは――。食を愉しみ、食を哲学する、ヒラマツ食物誌の決定版。安西水丸さんの素敵なイラストも必見です。(HS)
商品情報
書名(カナ) ヒサシブリノノリベン
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2013年10月25日
ISBN 978-4-16-376720-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く