作品紹介

満洲国・溥儀陛下の御前で句会が催された!?

子どもを身籠ったちゑ、満洲に赴任する女医・壽子、浅草芸者の松太郎。戦火の下、句会で友情を育んだ3人の女性の凛とした生き方

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
昭和10年、日暮里の暮愁先生の句会に集う3人のうら若き美女たち。女子医専(現在の東京女子医大)を卒業し満洲・大連へ赴任する壽子(ひさこ)、新進の科学者と結婚して身籠るも流産、失意の日々を送るちゑ、そして歌舞伎界の大立者・六代目菊五郎の妾となった浅草芸者の松太郎。東京と満洲を舞台に、戦争という激流のなかを毅然として生きる三麗花の姿を、流麗な筆致と心に沁みる俳句で描きます。六代目のほか甘粕大尉や川島芳子、永井荷風など実在の著名人も登場し、興を添えます。(AK)
商品情報
書名(カナ) ハイフウサンレイカ クサノハナ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2011年05月25日
ISBN 978-4-16-380530-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く