作品紹介

獣医として動物を助けるように、父親として娘を救いたい

自分は殺(や)っていないという電話を残し、殺人の容疑をかけられた娘が逃亡。獣医である父親は、病気の動物を助けながらその跡を追う

担当編集者より
獣医である岩佐一郎の一人娘が、勤務医の殺害事件で事情聴取をうけた。その後、娘は「私は殺ってない」と言い残して、逃亡。容疑者として指名手配された娘の無実を信じ、娘と話すために、刑事の目の間を縫って行方を捜す。東京、伊勢、石川、群馬と、行く先々で出会う傷ついた動物たち。娘を捜しながらも、一郎は獣医として見捨てることはできない……。旅先での動物や人との触れ合いを通して父の想いを描く、旅情溢れる連作ミステリです。(SY)
商品情報
書名(カナ) アイアルツイセキ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年06月20日
ISBN 978-4-16-380620-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く