作品紹介

期待の新鋭が描く妖しい愛の世界

孤独死した祖父の遺体一面に残されていた女の名前と梵字の刺青。祖父の交友関係を探り始めた薫の前につぎつぎ怪しい人々が現れる

担当編集者より
主人公・薫はいま話題の草食系男子。ある日彼が祖父の家を訪問すると、なんと彼は孤独死していました。ところがその死体には「百合子」という刺青が。女っ気などなかった祖父はいったいどんな秘密を抱えていたのか。薫は祖父の交友関係を探りますが、次々怪しい人々が現れて……。祖父の過酷な過去に触れることで、恋愛に臆病な男子だった薫がどんな成長ぶりをみせるのか。オール讀物新人賞を受賞した若手女流作家がちょっとかわった目線で現代風俗を描いた1冊です。(AH)
商品情報
書名(カナ) ヒツジクントオドレバ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年11月10日
ISBN 978-4-16-381000-3
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く