単行本
単行本

夢の花、咲く

梶 よう子

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2011年12月19日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じシリーズの本一覧を見る

作品紹介

清張賞受賞作の姉妹篇、“朝顔同心”再び登場!

植木職人の殺害と大地震直後に続く付け火。朝顔栽培が生きがいの興三郎は、無関係に見える2つの事件の裏に潜む真実を暴けるのか

担当編集者より
『一朝の夢』で松本清張賞を受賞した梶さん。朝顔の栽培だけが生きがいという同心・中根興三郎が思わぬ形で幕末の政情に絡んでいく物語で、好評を博しました。本書はその姉妹編、あの“朝顔同心”が帰ってきます! 時は前作から遡ること5年。ひとりの植木職人が殺され、物語の幕が開きます。安政の大地震、将軍継嗣問題と、なにやら現代を映したような舞台で、頼りなげでも誠実であろうとする興三郎の活躍を、ぜひご堪能ください。(YB)
商品情報
書名(カナ) ユメノハナサク
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年12月20日
ISBN 978-4-16-381040-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く