作品紹介

著者の故郷・土佐を舞台に、悲劇の名将を描く

波川玄蕃は長宗我部元親の妹・養甫を娶り、元親の麾下で勇名を轟かすが、元親の妬心から2人の溝は広がっていき、やがて悲劇が……

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
土佐国波川の領主・蘇我玄蕃頭清宗(通称波川玄蕃)は、長宗我部元親と激しく争った末に敗れ、今は元親の騎下にあった。元親の妹・養甫を妻に迎えた玄蕃は、その武勇で元親の土佐統一を助けた。だが、元親は玄蕃を頼りにしながらも、その武将としての器の大きさを恐れ、妬心を募らせていた。養甫の心配をよそに、2人の溝は深まっていき、やがて玄蕃を悲劇が襲う——。著者の地元・高知を舞台にした戦国絵巻をご堪能ください。(AK)
商品情報
書名(カナ) アサノキリ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年02月25日
ISBN 978-4-16-381180-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く