作品紹介

玩具箱をひっくり返したような新しい小説世界

永遠に謎の作家・カフカにならい記される小説の未完の断片、数々の引用から紡ぎ出される思考の軌跡、そして作家の日常が絡まる、未知の小説世界

担当編集者より
永遠に謎の作家・カフカは、一篇の小説としてまとまっていない、魅惑的な断片をたくさん遺しました。保坂和志さんの、『カンバセイション・ピース』以来となる長篇は、それにならい、様々な小説の断片、文学作品の引用、作家の思考の軌跡や何げない日常が渾然一体となった、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような新しい小説世界へ読者をいざないます。冒頭から読むもよし、ページを開いたところを気ままに読むもよし。読むたびに新らしい発見がある不思議な小説です。(NK)
商品情報
書名(カナ) カフカシキレンシュウチョウ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年04月20日
ISBN 978-4-16-381330-1
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く