作品紹介

生きることの根源的意味を問う傑作長篇

海の中で生をうけ究極の野生児として育った太郎は、「文明社会」の何を享受し何に挫折していくのか? 著者渾身の書き下ろし長篇

担当編集者より
日本列島の南に浮かぶ浮沈島――海の中で生を享け、究極の野生児として育つ少年・太郎と謎の深海魚・雨太郎をめぐる成長物語。海草を食し、魚の鱗皮で作った服を身につけた太郎には戸籍もない。難破船から回収した書物やラジオで知識を蓄え、よそから来た人々との交流により知るようになる「文明社会」「人間らしい生活」は、彼にどんな禍福をもたらしたのか? 簡潔で詩情溢れる文章で紡ぎだされる丸山ワールドをご堪能ください。(KK)
商品情報
書名(カナ) シンカイギョアメタロウノヨビゴエ ジョウ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製
初版奥付日 2012年05月10日
ISBN 978-4-16-381380-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く