作品紹介

小豆島別離伝説。あなたはニジコを知っていますか?

「二十四の瞳」の舞台で有名な小豆島。平成、昭和、大正、明治、四つの時代に島で起きた事件と悲恋の背後には因縁の物語があった

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
映画「二十四の瞳」の舞台として有名な小豆島に興味があった作家は、震災後、妻と2人で訪れた。その美しい海に足を浸した瞬間、作家の中に物語が生まれたのだ。小豆島に、緑色のニジコを見たカップルは別れるという別離伝説があった。ニジコとはいったい何なのか? 平成、昭和、明治と時代を遡るにつれ、島に纏わる因縁の物語が明らかになる。文学にヒップホップの方法論を持ち込んだ著者の、異色の意欲作!(YS)
商品情報
書名(カナ) ニジュウゴノヒトミ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製
初版奥付日 2012年05月30日
ISBN 978-4-16-381440-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く