作品紹介

『謎解きはディナーのあとで』が本屋大賞を受賞した東川篤哉さん。お待ちかねの新シリーズは、なんと本格ミステリーと魔法の融合!?

39歳独身の美人刑事《八王子市警の椿姫》こと椿木綾乃警部と、椿木警部に罵られることを至上の喜びとするその部下、小山田聡介。
八王子市警の名コンビが勇んで出向く事件現場には、いつもなぜか、竹箒を持った謎の三つ編み美少女がいて――。
本格ミステリーのトリックと、抱腹絶倒の掛け合いが最高の化学反応を起こすユーモアミステリー。
毒舌美少女マリィ、結婚願望を捨てきれない椿木警部と、どMな部下小山田刑事と、三者三様の強烈なキャラクターにも注目です。
「魔法使いと逆さまの部屋」「魔法使いと失くしたボタン」「魔法使いと二つの署名」「魔法使いと代打男のアリバイ」の中編4作を収録。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
ユーモアミステリーの第一人者、東川篤哉さんが最新作で挑むのは、なんと本格ミステリーと魔法の融合です! 今回難事件の解決を目指すのは、八王子市警の名コンビ『椿姫』こと39歳独身椿木綾乃警部と、彼女に恋い焦がれるその部下、小山田聡介刑事。ふたりが事件現場で出会ったのは、不思議な毒舌お手伝い少女、マリィでした。彼女の三つ編みが光るとき、犯人の強固なアリバイが砕け散ります。それぞれ強力なキャラクターを持つ、3人の絶妙な掛け合いもお楽しみください。中篇4篇を収録。(KA)
商品情報
書名(カナ) マホウツカイハカンゼンハンザイノユメヲミルカ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 軽装三方裁ち
初版奥付日 2012年09月30日
ISBN 978-4-16-381650-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く