志士の風雪品川弥二郎の生涯

古川 薫

  • 定価:本体1,400円+税
  • 発売日:2012年10月30日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「トンヤレ節」――わが国における軍歌の第
一号である。この歌とともに、倒幕を掲げる
官軍は行進した。そして、この作詞者こそが、
本稿の主人公、品川弥次郎である。
萩藩の足軽の子として生まれ、十五歳で松
下村塾に入塾。吉田松陰に将来を嘱望された
少年は、高杉晋作、久坂玄瑞、桂小五郎らと
ともに、幕末、維新を駆け抜けた。
蛤門の変、戊辰戦争、西南戦争……。古川
薫氏の筆は、品川弥二郎という男が、まさに
重大局面に立ち会った歴史の証人であること
を浮き彫りにしていきます。その後、新政府
の人間として、ヨーロッパに留学、協同組合
運動に刺激を受け、日本に移植しようと尽力
した後半生。あえて苦難の道を、なぜ選択し
たのか。その衝動はどこからきたのか――。
長年にわたり、幕末、長州を追い続けてき
た筆者ならではの、画期的な評伝小説です!

担当編集者より
「なぜ、これほどの男が……」本年は国際協同組合年にあたります。日本に協同組合を移植した品川弥二郎の生涯を追い続けながら、古川薫さんの脳裏には何度もこの疑問がよぎったといいます。蛤御門の変、戊辰戦争、西南戦争……。常に歴史の重大局面に立ち会ったこの男の根底には、松下村塾で育まれた志士の魂が宿っていたのではないか。だからこその苦難ではなかったか。長年にわたり、幕末、長州を追い続けてきた筆者が、克明にその生涯を活写した力作評伝です。(YA)
商品情報
書名(カナ) シシノフウセツ シナガワヤジロウノショウガイ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年10月30日
ISBN 978-4-16-381750-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く