潜伏者

折原 一

  • 定価:本体1,850円+税
  • 発売日:2012年12月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

交錯する悪意。究極の推理ゲームを堪能せよ

未解決の少女連続失踪事件。証拠不十分だが懲役を受けた容疑者が出所して――。鮮やかなラスト、折原ワールド全開の書きおろし。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
叙述トリックの第一人者・折原一さんの「○○者」シリーズ第11弾、2年ぶりの書き下ろし新作となる本作は、北関東で起きた幼女連続失踪事件をモチーフにしています。事件に着想を得た奇妙な小説『堀田守男氏の手2』がきっかけとなって、事件関係者の心の傷と歪み、奇妙な関わりが徐々に明らかになっていく中、嫌疑不十分だが別件で懲役を受けた堀田守男が出所して、事件が再び動き出します。ねじれていく現実と虚構、鮮やかな謎解き、折原ワールド全開の快作登場です。あなたは、作者が仕掛けた罠を見抜けるか?(SY)
商品情報
書名(カナ) センプクシャ
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年12月10日
ISBN 978-4-16-381850-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く