単行本
単行本

サクラ秘密基地

朱川湊人

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2013年03月13日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

〝直木賞受賞作〟『花まんま』や、〝涙腺崩壊〟のキャッチフレーズ『かたみ歌』で、読者の涙を誘った短編の名手・朱川湊人が、家族と写真にまつわるちょっぴり不思議で哀しいお話をお贈りします。二〇一二年秋に、三十九年の長期連載が幕を閉じたミステリ界の巨人・佐野洋氏の連載「推理日記」で、設定の妙を大絶賛された、UFOをでっち上げた同級生の美人の女の子の身の上話「飛行物体ルルー」、とある事故をきっかけにして、優しかった近所のおねえさんの意外な一面を見てしまった少年の淡い慕情の顚末「コスモス書簡」、ぶっきらぼうで、口より手が先に出る不器用な父と、その父に寄り添うように暮らす聡い男の子、そして同じボロアパートに、とある事情で身を隠すように暮らすことになった〝私〟との心の交流を描いた「スズメ鈴松」、ほのかな想いを寄せながら亡くなった同級生の想いが、不思議なカメラに乗り移ってもたらされた写真にまつわる奇妙な出来事「黄昏アルバム」、小学生の男子四人でつくった秘密基地にまつわる哀しい過去を巡る表題作「サクラ秘密基地」など、夕焼けを見るような郷愁と、乾いた心に切ない涙を誘う、短編を六本を収録。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
直木賞受賞作で、各所で話題となった『花まんま』、“涙腺崩壊”の帯で30万部近いヒットとなった『かたみ歌』で、読者の涙を誘う短編の名手・朱川湊人さんが、家族と写真にまつわる不思議で切ない小説をお贈りします。佐野洋氏の連載「推理日記」で、大絶賛された、UFOをでっち上げた同級生の身の上話「飛行物体ルルー」や、同級生4人の男の子がつくった秘密基地にまつわる哀しい過去を巡る表題作など6篇を収録。夕焼けを見るような郷愁と、乾いた心に切ない涙を誘う短編集です。(IY)
商品情報
書名(カナ) サクラヒミツキチ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年03月15日
ISBN 978-4-16-382010-1
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く