深海の夜景

森村誠一

  • 定価:本体1,550円+税
  • 発売日:2013年04月23日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

大都会で居場所を見失った者を導く一筋の光

妻を、父を理不尽にも殺され、犯人に復讐を企てる男たち。都市の深層に生き再起を窺う人間たちを棟居刑事が優しく見守る社会派短編。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
がんばって生きてさえいれば、報われるということが、寓話となってしまった現代。誰もが生き辛さを感じているいま、著者は小さな声で囁く「まだ人間捨てたもんじゃない」と。社会の底辺から見上げるは、高層ビルのきらびやかなイルミネーションか、はたまた、高層ビルから見える路上の景色は、海底に蠢く深海生物か。そのどちらも現実の日本の姿なのです。著者久しぶりの短編集はそんな現代日本を暖かな眼差しで見据え、活写します。折りにふれ、棟居刑事も登場します。(IM)
商品情報
書名(カナ) シンカイノヤケイ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年04月20日
ISBN 978-4-16-382060-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く