作品紹介

三十一歳、独身、派遣OL。地方都市で懸命に生きている女性が、ふとしたきっかけで犯罪に手を染め、転落し、それでもタフに生きていくさまを描いた究極のイヤミス。
田舎暮らしが嫌で実家を出た清原春菜は、地方都市で派遣OLをして暮らしている。三十路を迎えて婚活にいそしんでいたが、結婚相談所で紹介された男にお金を騙し取られ、同じころ派遣先からも仕事を切られてしまう。実家に援助を頼むが、男に騙されたとは言い出せず、家賃や公共料金の支払いさえ滞る始末。実兄が結婚し、春菜の実家での居場所はとうになくなっていたのだ。ハローワークに通ってもろくな再就職先はなく、しだいに毎日の食事にも困窮する春菜……。
ほんとうの幸せとは何か。なぜ、どれだけ頑張っても、自分は幸せになれないのか。幸せに憧れることが、そんなに贅沢な望みなのか。ただまっとうに暮らしてきた自分を、男たちも、会社も、いいように利用するだけ利用して捨てた。私には、世間からお金を返してもらう資格がある! 開き直った春菜は、騙される側から騙す側にまわることを決意し、「ある行動」に出る。
「なぜ、私ばかりこんな目にあうのだろう」「私はただ、普通に幸せになりたかっただけなのに」――やがて追われる立場になり、逃避行を続けながら、なお自らの肉体を武器にタフに人生を生き抜こうとする春菜。彼女に「安住の地」はあるのか? 彼女を待ち受ける驚愕の運命とは? 著者渾身のサスペンス・ミステリー傑作。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
主人公は31歳独身、派遣OLの春菜。婚活に勤しんでいた折、男に金を騙し取られ、派遣先からも仕事を切られてしまいます。家賃や公共料金の支払いが滞り、毎日の食事にさえ困窮するようになった彼女は、「なぜ私だけが」と憤り、ついに「騙す側に回る」ことを決意。客観的にはそれは“転落”への一歩のように思えますが、なぜか春菜はつねに明るく、楽観的でエネルギッシュ。気がつけば読者は、彼女の一挙手一投足から目が離せなくなっていきます。「いま」を象徴する強烈な“イヤミス”をご堪能ください。(IK)
商品情報
書名(カナ) ネツボウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年04月25日
ISBN 978-4-16-382080-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く