作品紹介

ぼんくら少年、陰謀渦巻く華麗な朝廷へ。気鋭の清張賞受賞作家第二作

八咫烏の世界を描くファンタジー絵巻第二弾。兄宮派と若宮派に分裂する朝廷、権力争いに放り込まれた少年が見出した意外な真相とは?

この作品の特設サイトへ
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
二十歳の若さで松本清張賞を受賞した著者。少女達の心理戦の緻密な描写、意外な結末で話題をさらった『烏に単は似合わない』に続き、八咫烏の世界を描くファンタジー絵巻の第二作が登場。今作の主人公は世継ぎの座を兄から奪いながら「うつけ者」と悪評高い若宮と、心ならずも宮仕えに引っ張り出された「ぼんくら少年」雪哉。兄宮の返り咲きを狙う一派に命を狙われながらも飄々とした若宮に振り回される雪哉だが、やがて思いがけない真相が――。陰謀渦巻く朝廷の権力争いを凸凹コンビは生き延びられるのか!?(YH)
商品情報
書名(カナ) カラスハアルジヲエラバナイ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2013年07月10日
ISBN 978-4-16-382280-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く