作品紹介

日本人の底に潜む呪術と信仰とは何か?

四十七人の反乱の謎を斬新な視点で論じた「忠臣藏とは何か」他「恋と日本文学と本居宣長」「女の救はれ」等、文芸評論の名作を集結した第八巻(第4回配本)。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
丸谷才一全集第八巻 御霊信仰と祝祭
丸谷才一
4回目配本の第八巻は、我が国で最も称賛され喜ばれた事件と芝居を、斬新大胆な視点で論じ議論を生んだ「忠臣藏とは何か」をはじめ、「恋と日本文学と本居宣長」「女の救はれ」などを収録。芝居について、御霊信仰と祝祭、呪術と信仰、日本文学と母系制社会の関連など、日本人の根底に潜む前近代と土俗について考察しています。目の覚めるような「発見」に満ちた、必読の文藝評論です。 (KK)
商品情報
書名(カナ) マルヤサイイチゼンシュウ ダイハッカン ミタマシンコウトシュクサイ
ページ数 504ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 2014年01月10日
ISBN 978-4-16-382710-0
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く