山桜記

葉室 麟

  • 定価:本体1,400円+税
  • 発売日:2014年01月31日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

武将の妻たちの凛とした姿

徳川頼宣に嫁いだ加藤清正の娘八十姫の秘話、鍋島直茂の妻と姑の間のふとした会話、伊達家から立花へ嫁に来た母の実家への想いなど。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
葉室麟「山桜記」
本作は著者にとって初めてとなる短編集となります。戦国時代や江戸時代の女性は、自分の意思を持たず、政略結婚を無理強いされ、時代の犠牲者というステレオタイプの解釈に一石を投じるつもりで、連載したと著者は話しています。加藤清正の娘で、徳川頼宣に嫁いだ八十姫の想い。鍋島直茂の妻彦鶴と姑の不思議な会話の意味とは。前田利家の娘で細川忠隆との仲を引き裂かれた千世の悲話など全七編の珠玉の短編が収録されています。(ⅠM)
商品情報
書名(カナ) ヤマザクラキ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年01月30日
ISBN 978-4-16-390001-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く