作品紹介

戦後の日本人を鼓舞したスター。
”世界のミフネ”の栄光と晩年の孤独を描く。


『羅生門』『七人の侍』『用心棒』など日本映画界が誇る名作の数々に主演し、スティーブン・スピルバーグらハリウッドの巨匠も憧れた“世界のミフネ”。
一方、私生活では酒乱や不倫騒動でスキャンダルにまみれ、自ら経営する三船プロダクションは、腹心の裏切りによって窮地に立たされた。
盟友・黒澤明監督との不仲の真相、そして、初めて明かされる最晩年の出来事まで。
不器用にしか生きられなかった昭和のサムライの波乱万丈の人生に迫る。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『羅生門』『七人の侍』『用心棒』など、黒澤明監督作品はもちろん、日本と世界を股にかけ、国際的俳優として活躍した三船敏郎。過去から現在までを見渡しても、彼ほど世界的に知られ、愛された日本人俳優はいません。
その存在感や魅力から、酒乱や不倫などのスキャンダル、盟友・黒澤明との不仲説の真相、そして初めて明かされる晩年の姿まで、初の本格評伝です。
著者は松田優作の最初の妻でもある松田美智子さん。演技をよく知るものだからこその視点から、三船敏郎という人間に迫ります。
商品情報
書名(カナ) サムライ ヒョウデン ミフネトシロウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年01月10日
ISBN 978-4-16-390005-6
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く