作品紹介

日本の被差別部落を訪ねる旅に事件をおこした兄との思い出をかさね大宅壮一ノンフィクションを受賞した「日本の路地を旅する」。

その上原さんの二冊目の代表作ともいえる作品が誕生しました。

被差別部落で卸の肉屋をいとなむ父は母に暴力をふるい、それぞれが外に愛人をつくり、上原さんの家庭は地獄でした。父親に包丁で刺された母親を病院につれていくところを進学塾に通う級友にみつけられ、はやされ、幼い上原さんは、行き場を失って荒れていきます。家庭が闘争状態にあった上原さんは、小学生だったにも関わらず酒を飲んで登校、学校で暴力をふるうようになっていたのです。

そんな上原さんを救ったのが、「解放教育」を実践する一人の女性教師でした。自らの家庭と被差別の出自をクラスで涙ながらに語ったのが、中学三年のときでした。

その上原さんが、自らを救った「解放教育」とはなんだったのか、なぜそれが潮が引くように後退していったのか、を日本の同和教育、解放教育のエポックとなった、兵庫・八鹿高校事件、広島・世羅高校事件などの現場を歩きながらさぐっていきます。

それは、また自らが苦しみながら、それを超克していった上原さん自身の物語でもあります。

担当編集者より
大宅壮一ノンフィクションを受賞した『日本の路地を旅する』に並ぶ代表作の誕生です。上原さんの家庭は常に闘争状態にありました。被差別部落で卸の肉屋をいとなむ父は母に暴力をふるい、父母ともに愛人をつくり、上原さんは行き場を失って荒れます。手のつけられなかった上原さんを救ったのが「解放教育」を実践する一人の女性教師でした。みずからの家庭と差別の出自をクラスで涙ながらに語ったのが、中学三年のときでした。自身を救った「解放教育」とはなんだったのか、なぜそれが今、潮が引くように後退していったのか、自らの人格形成の歴史をふりかえりながら、現場を歩きます。(SS)
商品情報
書名(カナ) サベツトキョウイクトワタシ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年03月30日
ISBN 978-4-16-390042-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く