あぽわずらいあぽやん3

新野剛志

  • 定価:本体1,700円+税
  • 発売日:2014年05月14日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

なんだって、あの遠藤が出社拒否!?――航空業界の低迷に親会社の危機。人員削減の重圧とエリート出向社員の思惑に翻弄され、人のいい遠藤が遂に、折れた。感動の空港物語。

航空業界に吹き荒れる逆風のなか、遠藤たち空港で働く大航ツーリストの現場にも人員削減の圧力がかかってきた。あと三か月後には成田空港所が閉まり、グランドホステス業務は大航エアポートサービスに委託される。その時点で半数がリストラされてしまうのだ。本社出向組のカスタマー事業部部長の星名は、感じよく丁寧に理詰めで苦境を乗り切ろうと何かと遠藤にも声を掛けるのだが――。OGの復帰とセンディング業務で立て続くミス、これはいったい何が原因なのか。「常にお客様のため」にトラブルを奇跡的に解決させてきたスタッフたちの奮闘に胸が熱くなる連作短編。

担当編集者より
搭乗の前後に一瞬立ち寄るだけの場所、空港。この束の間の場所には沢山のドラマが毎日生まれている――それがこのあぽやんシリーズです。空港で心からのサービスを提供し旅を支える人々を描いた本作では今回二〇〇四年の日航危機を下敷きにしています。厳しい人員削減と今までの水準の業務をできなくなっていく苦しさに主人公は遂に空港へ通えなくなってしまうのですが、彼の不在の間も空港は彼を待ちながら日々を乗り切り続けていきます。そこに人の情がなくては仕事小説はつまらないという方に絶好の一冊です。(OY)
商品情報
書名(カナ) アポワズライ アポヤン
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年05月15日
ISBN 978-4-16-390059-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く