作品紹介

「結婚はゴミ箱よ。だから人生が練られる。」
「嵐の時は木にしがみつかず、大地に落ちれば、歩き出せる。」
「本当の〝倍返し〟は相手をよくすること。」
「禅で『自分という器』を美しくすれば、お宝も寄ってくる。」
「苦しみは宝。では、怒りから離れる方法は?」
「毎晩、自分のお葬式をあげる。ただ今を生きるために。」


京都の尼寺・慈受院の門跡(住職のこと)梶明壽さんの説法は明快です。
なぜなら「女の試練」を知り尽くしているから。
もともと大阪の実業家夫人であり、そして日本舞踊家でしたが、夫の浮気、自身の不倫の恋に悩み、夫と離婚し恋人とも別れて 四五歳、身一つで出家の道へ――。
そんな人生の「みっともなさ」すら隠すことなく、やさしい言葉で、仏道から人生のヒントを語ります。

いま何かに苦しんでいるあなたが、苦しみを宝に変えられる、尼僧の愛の説法です。

【目次より】
第一章 何もわからずうろうろと――無明
第二章 捨ててしまえ――放下著
第三章 悩みのたねはどこからくるか――諸法無我
第四章 悩んだところに道はひらける――煩悩即菩提
第五章 神仏に頼るより自分の器を磨く――身心一如
第六章 願いが世界を変える――発願
第七章 花、無心にして蝶を招く――自然
第八章 今この一瞬に命をそそぐ――即今只今

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「結婚はゴミ箱よ。清濁あわせるから人生が練られる」「苦しい時は泣き続ければいい。嵐の中で細い木にしがみつくより、両手を離して大地に倒れこめば、一歩踏み出せる」
京都の尼寺・慈受院の門跡(住職のこと)梶明壽さんの説法は明快です。なぜなら「女の試練」を知り尽くしているから。もともと大阪の実業家夫人、日本舞踊家でしたが、夫の浮気、自身の不倫の恋に悩み、夫とも恋人とも別れて、四五歳で出家の道へ――。そんな人生の「みっともなさ」すら隠すことなく、仏道から人生のヒントを語ります。(AW)
商品情報
書名(カナ) クルシカッタラナキナサイ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年05月15日
ISBN 978-4-16-390061-2
Cコード 0095

著者

梶 妙壽

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document