作品紹介

北京で最初の反日暴動が起きたのは〇四年八月のことです。

その四カ月後のクリスマスに、美しい関西学院大学のキャンパスで、ある日本人の青年と中国からの女子留学生が出会いました。

キャンパスに集う大勢の中から互いをみつけた二人は恋におちます。

恵恵が自身の乳がんに気付いたのは、二カ月後にその岡崎健太君との結婚を控えていた二〇〇五年のことでした。二八歳の恵恵は目の前がまっくらになります。健太はこれまで一度も訪れたことのなかった北京に、たった一人で文字通り飛んできます。

恵恵は、残念ながら、二〇一一年六月にこの世を去りました。


抗ガン剤による治療のために、中止された結婚式は二年後の2007年9月、二人が出会った関西学院大学のチャペルで行われます。そこで恵恵さんはこのように挨拶をしたのでした。

「健太、あの日、ここでわたしに話しかけてくれて、ありがとう。
わたしと結婚する決心をしてくれて、ありがとう。
わたしの病気のことを知って、すぐに北京に飛んできて、そばにいてくれて、ありが とう。
手術室の外で渡した婚約指輪を握って、わたしのためにずっと祈り続けてくれて、ありがとう。
もはや倒れそうだったわたしの両親を支えてくれて、ありがとう。
痛みで眠れないでいるときに、何時間も何時間もずっとマッサージを続けてくれて、ありがとう。
化学治療で苦しんでいるわたしのそばでずっと笑っておしゃべりをしてくれて、ありがとう。
髪の毛を失ってしまったわたしのために、自分の髪を全部剃ってくれて、ありがとう」


『恵恵 日中の海を越えた愛』は、日中間がもっとも厳しかった七年間に、共に生きた二人と日中ふたつの家族の物語です。健太君、母親の付楠さん、恵恵さんの残された手記を一冊に編みました

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日本に留学していた恵恵さんと健太とが知り合ったのは2004年12月。それから彼女が中日友好病院でガンのために死去する2011年6月までの、7年間の闘病の日々(一時回復)を、健太さんが手記(書下し)としてまとめたのが本書です。彼女の母(付楠さん)が中国で上梓した本の一部と恵恵さんの生前の手記も収録されています。日中間が最も厳しかった時期に、困難を乗り越え、共にピュアに生きた二人と、それを支えた日中二つの家族の真実の物語です。ぜひご一読ください。(st)
商品情報
書名(カナ) フィーフィー ニッチュウノウミヲコエタアイ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2014年06月20日
ISBN 978-4-16-390073-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く