作品紹介

誰よりも戦闘機を知る著者が描く、理系ミステリーの決定版!

自衛隊戦闘機「TF-1」が、スクランブル飛行中に墜落した。
この異様な事故を受け、防衛省は機体を製造する浜松の航空機メーカー、四星工業にその検証を依頼する。

四星工業では入社三年目の技術者、沢本由佳が上司の永田とともに業務にあたっていた。
シュミレーションの結果、事故はパイロットの単純な誤操作によるものだと判断されたが、
永田は沢本が言った何気ない一言が気になり、すでに会社を辞めてデザイナーをしている同期の倉崎に話を持ちかける。

スクランブル発進した自衛隊機は、なぜ不可解な事故を起こしたのか?
背後に浮かび上がるのは、「TF-1」設計時に官(防衛省)と民(航空機メーカー)がそれぞれ抱え込んでいた闇だった。

深い知識に裏打ちされた緊迫の飛行描写。和製トム・クランシーの誕生です。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「とても良い受賞作を出すことができた」と桜庭一樹さんに評されるなど、選考委員の熱い支持を集めた松本清張賞受賞作は前代未聞の航空ミステリー。「安全第一を旨としてつくられた自衛隊戦闘機がスクランブル中に二機も墜落した」という謎に、航空機メーカーの若手女性エンジニアが迫ります。
著者は東京大学で航空工学を学び、戦闘機の設計にも関わっていた工業デザイナー。その豊富な知識を活かした飛行描写は、圧倒的にリアルでスリリングです。理系ミステリーの決定版を、どうぞお楽しみください。(KA)
商品情報
書名(カナ) スイテイキョウイ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年06月30日
ISBN 978-4-16-390083-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く