作品紹介

名探偵に深刻なエラーが発生しました!

主人公の正行は17歳の男子高校生。のんびり帰宅部の大人しい青年だが、彼には天才科学者の祖父がいた。祖父は現役引退後、研究所にこもってひそかに人間そっくりのAI搭載探偵ロボットを開発し、依頼人に派遣するボランティアをおこなっていたのだ。
ある日、3体の探偵ロボットがエラーを起こし、勝手に町に出て「探偵」活動を始めてしまった。唯一正常に機能している探偵マキナと正行のコンビは、あちこちで「捜査中」と思われる「探偵」たちを無事、見つけ出すことができるのだろうか?

京都大学推理小説研究会の「秘密兵器」と呼ばれた著者。鬼才の最新作は「犯人探し」ならぬ「探偵探し」です。探偵小説界を疾走する才能のきらめきを、ぜひその目で確かめてみてください。

今度は何を出してくる? と毎作、目が離せない。まことに「未定義な」才能の持ち主である。――綾辻行人

星新一と「ミステリーランド」が好きな人に薦めたい。――法月綸太郎

ロボット探偵がロボット探偵を探す。二十一世紀のパット・マガー!――我孫子武丸

EQ(エレクトロニック・カルテット)ここに爆誕!――麻耶雄嵩

担当編集者より
錚々たるミステリ作家を輩出している名門京都大学推理小説研究会。高校生の頃から同サークルに憧れ、入会するやいなや奇抜なアイデアの犯人当て/創作を矢継ぎ早に発表、「ミステリ研の秘密兵器」の異名をとったのが森川智喜さんです。鬼才の最新作は「犯人探し」ならぬ「探偵探し」。天才科学者の手で開発された半導体探偵マキナ(かわいい)が、あちこちで勝手に「捜査」している「探偵」たちを発見するために奔走する、まさに「探偵小説」です。若さに似合わぬユーモアと驚きの最前線をご堪能ください。(II)
商品情報
書名(カナ) ハンドウタイタンテイマキナノミテイギナボウケン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年06月20日
ISBN 978-4-16-390085-8
Cコード 0093

著者

森川 智喜

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く