単行本
単行本

関所破り定次郎目籠のお練り八州廻り桑山十兵衛

佐藤雅美

  • 定価:本体1,650円+税
  • 発売日:2014年09月24日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

相州と上州、それぞれの関所破り。十兵衛いかに始末をつける

保土ヶ谷の道案内角太郎を殺した河童の六こと六蔵を追って関東取締出役の桑山十兵衛は、河童の六の出身である相州の松田惣領まで、足を延ばす道すがら、溝口にて鐘撞き講で金を集める破れ坊主を懲らしめる。
だが、肝心の河童の六はとりにがし、保土ヶ谷の一件は、わからずじまいとなって江戸へと戻ってきた。
江戸へ戻った十兵衛を待っていたのは、日光例幣使街道の上州玉村宿のそばにある竹田村で、朝早くに川向こうの穂波村から、鉄砲の玉が飛んできたという訴えだった。時を同じくして、玉村では道案内が殺され、その下手人である侠客定次郎は子分を連れてそのまま姿を消したという。鉄砲をきっかけに、穂波村に立ち寄った定次郎一味の足跡を見つけられると考えた十兵衛は、玉村の道案内の後任を決める必要もあり、今度は上州へと向かう。
破れかぶれになり、関所破りで、せめて名を上げようとする侠客定次郎一味。
そして、河童の六は、いずこへ流れたのか。それぞれの関所破りは、思わぬ方向へと展開をみせる……。十兵衛は、首尾よく彼らを捕えることができるのか。
人の欲を見つめて、関八州を経巡る十兵衛がつける、侠客たちへの意外にな始末とは。

ご存じ、人気時代小説・八州廻り桑山十兵衛シリーズ待望の第九巻。

担当編集者より
ご存じ、八州廻り桑山十兵衛の第九弾。今回は、保土ヶ谷で道案内を殺した河童の六を追って、相州の松田まで足を延ばそうとする十兵衛は、道すがら、鐘撞き講で金を集める破れ坊主を懲らしめる。だが、肝心の保土ヶ谷の一件は、わからずじまいとなり江戸へと戻ってくる。すると、上州で鉄砲絡みのいざこざがあり、破れかぶれになり、関所破りで、せめて名を上げようとする定次郎ら侠客たちが現れる。消えた河童の六と、博打打ちの定次郎、二人の関所破りを追いかけて、関八州を東奔西走した十兵衛の意外な始末とは……。
目次
関所破りと時の鐘
法の不法
窮余の策の無銭飲食
夫の死を知らせにきた男
摑み損ねた五十両
鬼の目にも涙
関所破り定次郎目籠のお練り
当てが外れの六地蔵
商品情報
書名(カナ) セキショヤブリサダジロウメカゴノオネリ ハッシュウマワリクワヤマジュウベエ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2014年09月25日
ISBN 978-4-16-390129-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く