作品紹介

これは凄い本。

2008年のリーマンショックで、ウォールストリートは規制が強化され健全になった、と信じられてきたが、その規制と民主化によって逆に、市場は、本当のイカサマ市場になってしまった、ということを白日の元にさらした本だ。


証券市場の民主化によってニューヨーク証券取引所とNasdaq以外の証券取引所が乱立するようになった2009年ぐらいから、ディーラーたちは不思議な現象に悩まされる。コンピュータスクリーンが映し出す各証券市場の売値と買値で取引しようとすると、ふっと売り物や買い物が消えてしまうのだ。その値が消えて、買う場合だったらば、必ずそれより高い値で、売る場合だったらばそれより低い値で取引が成立してしまう。

ウォール・ストリートの二軍投資銀行に務めるブラッド・カツヤマは、ドンキホーテのように、単身調査に乗り出す。

するとそこには、私たちの注文を10億分の1秒の差で先回りしていく超高速取引業者「フラッシュ・ボーイズ」の姿があったのだ。

取引所も、SECも大手投資銀行もすべてぐる。簒奪されるのは、善良な一般投資家。

日本での「フラッシュ・ボーイズ」の跋扈を解剖したFACTA発行人阿部重夫の特別原稿も収録。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
ナノ秒の時間差を利用して巨額のサヤをかせぐ超高速取引業者「フラッシュ・ボーイズ」たち。彼らの姿を、ウォール・ストリートの二軍投資銀行に務めるブラッド・カツヤマらがあぶり出していくその過程はどんなミステリー小説よりも面白く、カツヤマらが、個性豊かな人材を集めて、その巨大な詐欺を無効にする自らの取引所をたちあげる物語は『七人の侍』を彷彿とさせます。
商品情報
書名(カナ) フラッシュ ボーイズ ジュウオクブンノイチビョウノオトコタチ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年10月10日
ISBN 978-4-16-390141-1
Cコード 0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document