作品紹介

日本霊異記を通して、重なる古代と現代の謎

奈良の薬師寺で働く明日香のもとには、数々の不思議が訪れる。古代と現代をつなぐ謎を『日本霊異記』から読み解く、著者の新境地。

担当編集者より
奈良の薬師寺で働く明日香は、地名マニアで好奇心旺盛な二十代の女性。あるとき、彼女は奉納された絵馬に「母が殺された」と書かれているのを見つけ――。
家族間の殺人、女子高生の失踪、病気を言い当てる夢占い。明日香のまわりで起きる事件は、彼女の愛読書である「日本霊異記」の説話と奇妙に重なり、千二百年前の記述から真実が明らかになっていきます。
最後に明日香が受け取った、古代からのメッセージとは? 著者の新境地となる、刺激的な連作短編集です。(KA)
商品情報
書名(カナ) ショウジョリョウイキ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2014年10月30日
ISBN 978-4-16-390144-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く