単行本
単行本

泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部

酒見賢一

  • 定価:本体2,200円+税
  • 発売日:2014年11月21日
  • ジャンル:歴史・時代小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

関羽、張飛、劉備死す! どうする孔明?

関羽、張飛、劉備、曹操――疾風怒濤の『三国志』の物語を支えてきた英雄が次々に亡くなるシリーズ第四弾。残された孔明の未来は?

担当編集者より
いまだかつてない諸葛孔明像を描き、三国志ファンのみではない大反響を巻き起こした「泣き虫弱虫諸葛孔明」シリーズ。第四弾となる本作では、成都を攻略し蜀の皇帝となった劉備玄徳が、義兄弟の関羽を失った悲嘆、そして復讐に燃える姿が描かれます。明らかに自分を失っている劉備に、孔明はなんとするのか? その後、あろうことか劉備までがこの世を去ることに――。本当に孔明が「泣き虫」になり呆然とする、シリーズ大転換の必読の一冊です。(YS)
商品情報
書名(カナ) ナキムシヨワムシショカツコウメイ ダイヨンブ
ページ数 560ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年11月25日
ISBN 978-4-16-390169-5
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く