作品紹介

美術探偵・神永美有とワトソン役の美大准教授・佐々木の名コンビ!

佐々木が密かに思いを寄せていた教え子・琴乃が結婚。嫁ぎ先の家宝「支倉常長が持ち帰ったタペストリー」を、琴乃は偽物と断じたが?

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
ご先祖が榎本武揚から贈られたという、隕石を鍛えなおして作られたサーベル。しかし刀身の成分を調べた結果、偽物と断定された。だが、サーベルを前にした神永の舌はこの刀の意外な部分に甘みを感知していた(「流星刀、五稜郭にあり」)。
舌に感じる味覚で美術品の真贋を見分ける美術コンサルタントの神永美有と美大の准教授・佐々木昭友、芸術家の卵・イヴォンヌが活躍する美術ミステリーです。著者の美術や歴史に対する洞察の鋭さとともに探偵トリオのユーモラスなやりとりもお楽しみください。
商品情報
書名(カナ) チュウモンノオオイビジュツカン ビジュツタンテイ カミナガミユウ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2014年11月25日
ISBN 978-4-16-390170-1
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く