作品紹介

シリーズ累計15万部突破! 大人気「八咫烏」シリーズ
待望の最新刊はエリート武官を目指す少年たちの成長譚

人間の代わりに八咫烏の一族が支配する世界=山内を舞台とする、「八咫烏」シリーズの第4弾。本作の舞台はこの世界を統治する宗家の近衛集団「山内衆」を養成するための訓練学校「勁草院」である。15歳から17歳の少年たちが集められ、全寮制で上級武官になることを目指した、厳しい生活が待ち受けている。
前作の『黄金の烏』で突如出現した人を喰う大猿へ立ち向かうため、次の日嗣の御子である若宮へ忠誠を誓った雪哉も新入生の一人。若宮の近習であった経歴や自らの経歴はあえて明かさず、勁草院での日々がはじまったものの、そこに待ち受けていたのは、若宮の母の実家である西家の御曹司・明留を中心とする若宮派のグループと、廃太子された若宮の兄・長束を再び皇太子へと推す南家系統の公近グループの激しい対立、さらに兄弟の父である金烏代の意向を重視する教授陣――間近と見られていた、若宮の即位が神官たちによって延期が決まるという不穏な空気の中で事件は次々に起こる。
実力主義が前提の学内で、貴族階級出身の宮烏と庶民階級出身の山烏の身分格差が歴然となるにつけ、山烏出身で雪哉と同室となった茂丸、あらゆる武術で天才的な腕をみせる千早らもこの争いに絡んでくる。果たして身体が誰より小柄な雪哉は、頸草院での争いを勝ち抜くことができるのか? そして若宮の即位はなるのか……。
雪哉、明留、茂丸、千早という四人の少年たちのビルディングス・ストーリーとしての要素も強く打ち出し、友情あり、冒険ありの一冊!

この作品の特設サイトへ
おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
史上最年少の20歳で松本清張賞を受賞、『烏に単は似合わない』で現役女子大生作家として華々しいデビューを飾った阿部智里さん。緻密な架空世界を構築し、巧みな人物造形で読者を唸らせた和風ファンタジーの世界は、文庫でさらに多くの読者を獲得。続く『烏は主を選ばない』『黄金の烏』とあわせて、すでに累計部数が15万部を超えました。本作はこの「八咫烏」シリーズの待望の第4作目になります。宗家の護衛を務める武人を養成する訓練所で、エリート武官を目指して厳しい修行を積む少年たちの成長譚をお楽しみください。
目次
用語解説
人物相関図
山内寺社縁起
序章
茂丸
明留
千早
雪哉
商品情報
書名(カナ) クウカンノカラス
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2015年07月30日
ISBN 978-4-16-390302-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く