作品紹介

この一冊で、エラリー・クイーンの〝X・Y・Zの悲劇〟に挑戦!

歌舞伎俳優の家に生まれたものの、若くして映画俳優に転身、
世界的な人気を博す名監督の映画や、時代劇テレビシリーズなどに主演し、
日本に知らぬものはないほどの大スターとなった片桐大三郎。
しかし古希を過ぎたころ、突然その聴力を失ってしまった――。

役者業は引退したものの、体力、気力ともに未だ充実している大三郎は、
その特殊な才能と抜群の知名度を活かし、探偵趣味に邁進する。
あとに続くのは彼の「耳」を務める新卒芸能プロ社員・野々瀬乃枝(通称、のの子)。
スターオーラをまき散らしながら捜査する大三郎の後を追う!

「ドルリー・レーン四部作」を向こうに回した、本格ミステリー四部作をこの一冊で。
殺人、誘拐、盗難、そして……。最高に楽しくてボリューム満点のシリーズ連作。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
本格ミステリーファン待望の倉知淳さんの新作は、エラリー・クイーンの「ドルリー・レーン四部作」に、この一冊で挑戦するという野心的なシリーズ連作集です。聴力を失った俳優が、事件の解決に乗り出す――というのはドルリー・レーンのシリーズと同じですが、本作の主人公は、さらに濃厚なキャラクター。日本に知らぬものはないほどの知名度を誇る、時代劇の大スターなのです。「片桐大三郎が、なぜここに?」と絶句され、各所で即席サイン会を開きつつ捜査する大三郎の獅子奮迅の活躍を、ぜひお見逃しなく!
商品情報
書名(カナ) カタギリダイザブロウトエックスワイゼットノヒゲキ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2015年09月25日
ISBN 978-4-16-390335-4
Cコード 0093

著者

倉知 淳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く