作品紹介

企業戦士だった父のもうひとつの顔――傑作長編

幸せな家庭を築きながらも、ひとりの女を愛し続けた父が死の前に歩んだ四国遍路の道。足跡を辿った娘が見たものとは。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「インドクリスタル」で2015年中央公論文芸賞を受賞、いま最も勢いのあるベテラン作家・篠田節子さんの最新作は、ご自身「文芸ど真ん中!」とおっしゃる入魂の傑作長編です。企業戦士として家庭人として恵まれた人生を送ったひとりの男が、四国遍路を終えた帰路、冬の海に消えます。父の足跡を辿り四国にきた娘が見たものとは? 裏切られた家族の苦しみ、男女の深遠、高度成長期の男の矜持と虚無感、そして、四国遍路路のリアルな豊かさ……読むほどに細部に引き込まれる一冊を堪能してください。
商品情報
書名(カナ) フユノヒカリ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2015年11月15日
ISBN 978-4-16-390357-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く