単行本
単行本

零戦 7人のサムライ

森 史朗

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2015年12月10日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

世界に冠たる傑作機・零式(れいしき)戦闘機――通称ゼロ戦。
真珠湾攻撃、マレー半島攻略戦に登場し、米英を震撼させたが、
超人的な活躍をしたエースたちと共に、一機、また一機と姿を消し、
最終幕は、特攻攻撃という悲劇だった。
一戦闘機が辿った戦史は、対戦の実相に重なり合う。
本人や家族に取材を重ね、零戦に命を賭けた搭乗員7人の、
人生と戦闘の行方に迫る。
「運命」と呼ぶには過酷すぎる日々を、
人知れず乗り越えた無名の魂へ捧げる鎮魂の書。

鬼と呼ばれた男――新郷英城
真珠湾攻撃一番乗り――志賀淑雄
ラバウル航空隊 真の勇者――上原定夫
英機スピットファイヤー 零戦に完敗す――鈴木実
山本長官護衛機の悲劇――杉田庄一
ある艦隊搭乗員の落日――岡元高志
一機一艦体当たり――大黒繁男

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
あの戦争とは何だったのか。その問いを胸に、著者は戦争体験者への取材を続けました。零戦と搭乗員の運命は、大戦の実相に重なり合います。取り上げるのは――「鬼と呼ばれた男」新郷英城、「真珠湾攻撃一番乗り」志賀淑雄、「ラバウル航空隊 真の勇者」上原定夫、「英機スピットファイヤー 零戦に完敗す」鈴木実、「山本長官護衛機の悲劇」杉田庄一、「ある艦隊搭乗員の落日」岡元高志、「一機一艦体当たり」大黒繁男。
商品情報
書名(カナ) ゼロセンシチニンノサムライ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2015年12月15日
ISBN 978-4-16-390380-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く