作品紹介

日本と台湾を行き来して過ごした子ども時代の思い出。
影響を受けてきた小説や音楽への偏愛を綴った自伝エッセイ。
小説の取材で訪れた台湾と、『流』に登場する馬爺爺(じいさん)のこと。
五年半連載した映画コラムと、テキーラマエストロの資格を取るほど愛好するテキーラの紹介。直木賞受賞からパーティーまでの、狂騒の一ヶ月――。
小説『流』が前代未聞の満票で直木賞を受賞した東山彰良、初のエッセイ集。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
猥雑で、だからこそ輝いていた台北の路地裏、どこか怪しげな映画館、若い頃の焦燥――。作家が綴る思い出は、青春の輝きを放ち、ノスタルジーを漂わせ、読む者の胸に迫ります。そして、子ども時代のエッセイや台湾へ帰省した際の日記に登場するのは、小説さながらのパワフルで魅力的な人たち。一方で、「作家でありつづけるための実体験以外のインプット」と語る好きな小説、映画、音楽についての話題も満載。作家・東山彰良を知ることができる、貴重な初エッセイ集です。
商品情報
書名(カナ) アリキタリノイタミ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2016年01月15日
ISBN 978-4-16-390391-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く