作品紹介

都会への憧れ、くどい人間関係、楽しみは街道沿いのチェーン店。
現代日本のイナカを笑いにくるんで届ける人気連載、ついに単行本化!

コラム誌としても人気の高いテレビ情報誌「TV Bros.」の人気投稿企画、「イナカ川柳」。
都会からは考えられない田舎のいまを、ときに憎しみを、ときに愛情を、ときに哀切を持って描き出す川柳コーナー。
約10年にわたる連載から、傑作・怪作・珍作を精選、約400句を一挙収録!

・プチ家出 街まで100キロ プチじゃない
・町挙げて 大河の接点 探し出す
・ごじゃっぺを 言ってんじゃねえよ デレスケが
・今日だけで ジャンボ尾崎を 5人見た
・西友と ジャスコとサティと 西友と
・イケメンは 嵐の大野が 崩れたの
・金髪が テキパキ事務を こなしてる
・ゆるキャラが なかったことに なっている
・憧れの 先輩んちが ホカ弁屋
・寒いとか そんなレベルの 話じゃねえ
・気がつけば 隣の嫁は 外国人
・用水路 プカプカ浮かぶ クロックス
・猪は 速い固い 止まらない
・これでもな 拓けてきたんだ この辺は
・スナックで ママと社長が メルトダウン

シャッター街にチェーン店。老人ホームにパチンコ屋。
どこに行っても似たような景色が広がっている。
されど、それは愛すべき我が故郷。
その愛憎が、詩になる。

人は減っても生きてます!


(目次)
第一章 山

平野
バイパス
言語
第二章 婆


第三章 家
親族
家畜

第四章 道


第五章 夜
イケメン

上京
帰郷
第六章 行政
危機
起死回生
第七章 春



そして

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
チャーン店ばかりで均一化された風景、くどい人間関係、家畜の鳴き声……そんな現代ニッポンのイナカ。そんな、嫌いだけど、やっぱり懐かしいイナカへの愛憎を笑いにくるんでお届けする、爆笑川柳400句! 北は北海道から南は沖縄まで、全国から寄せられた投稿を精選しました。川柳のほか、最多採用者の訪問記など、特別記事も充実。個人的に好きなのは、「軽トラに載らねぇものは無えと叔父」。
目次
第一章 山

平野
バイパス
言語
第二章 婆


第三章 家
親族
家畜

第四章 道


第五章 夜
イケメン

上京
帰郷
第六章 行政
危機
起死回生
第七章 春



そして
商品情報
書名(カナ) イナカセンリュウ ノウサギョウ シナクテヨイハ ウソダッタ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2016年04月10日
ISBN 978-4-16-390438-2
Cコード 0095

著者

TV Bros.編集部

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く