作品紹介

「お金の心配しないで、言われたことだけやってれば良いんだもん。楽だし私はずっと村にいるよ」

「所有のない社会」を目指す「カルト村」で生まれ、過酷な労働や理不尽な掟に縛られた村の暮らしを受け入れて育ってきた著者は、なぜ自ら村を出たのか? 村で過ごした13歳から19歳までの青春期を描き、当時のマスコミを騒がせた村の実態に迫る、衝撃の実録コミックエッセイ。

朝日新聞、毎日新聞、新潮45、TVブロス、アンアンなど、数多くの書評欄で取り上げられ、「その後の話が読みたい!」の声が殺到した話題作『カルト村で生まれました。』の続編。前作よりすごい、驚愕のエピソードが満載!

*思春期をむかえた村の子の毎日(音楽、男女交際、一般の本を読むことは禁止。男子の部屋も女子が掃除!)。

*「個別ミーティング」や内容を大人にチェックされる「日記」など、思想をコントロールする村独自の新たなシステムがスタート。

*結婚相手は年の離れたおじさん!? 村の「調整結婚」とは?

*高校へは行けず、朝6時から畑仕事や鶏の解体など厳しい労働の毎日。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「著者がどういう経緯で村を出ることになったのか知りたい!」、「ぜひ続きを!」という数々の声援をいただき、前作『カルト村で生まれました。』から1年以内というスピードで、続編が完成しました。今回も“オール手描き”の、かわいい絵なのに凄味のある作品に仕上がっています。読めば「カルト村」の真実がわかります!
目次
プロローグ

ドキドキ中等部ライフ
おまけ四コマ「修学旅行」

バタバタ高等部ライフ
おまけ四コマ「無意識」

村の子 人生に迷う

変わりゆくもの

エピローグ

あとがき
商品情報
書名(カナ) サヨナラ カルトムラ
ページ数 144ページ
判型・造本・装丁 A5判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2017年01月30日
ISBN 978-4-16-390595-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く