作品紹介

破天荒に生きた父に捧ぐ!

2015年に亡くなった野沢さんの父親は、事業の失敗や失踪を繰り返し、日本人や韓国人と四度の結婚、離婚を経験するなど、まさに“規格外”の人生を送りました。
野沢さんの祖父は、直木賞候補にも目された作家、陸直次郎ですが、息子(野沢さんの父)が川で溺れたのを救って水死。この事件が父親の人生に大きな影を落とすことになります。一家を支える三味線の師匠である祖母と、夫を信じ、愛人との駆け落ちも受け入れる母。叔父に声優の野沢那智氏。

事業を手掛けては失敗する父と、その成功を信じて疑わない母。その間で、野沢さんは懸命に「お笑いの道」を目指します。ところが母親の死後、韓国人の隠し子が現れ、さらに父の葬儀でタイ人の隠し子、ルンルンちゃんの存在が明らかになります。野沢さんは、ルンルンちゃんとの出会いを求め、タイのバンコクに旅立ちます。

「文藝芸人」(文春ムック)掲載時に、読者から「リリー・フランキー『東京タワー』に匹敵する親子愛の名作」と絶賛された作品に、格闘家デビューした長女、野沢・真珠オークライヤーと激しく争った子育ての日々などを、大幅加筆。懸命に生きる野沢家の人々の姿は、可笑しくて切なくていとおしい。泣いて笑って、また泣ける。野沢さん渾身の感動作が誕生しました。

担当編集者より
2015年に亡くなった野沢さんの父は、事業の失敗や失踪を繰り返し、日本人や韓国人と四度の結婚、離婚を経験するなど、まさに破天荒な人生を送りました。
その父親に抱いていた嫌悪と、それでも愛さずにはいられない肉親の情を、野沢さんが率直に綴ります。父の成功を信じ、愛人の存在も受け入れる母など、懸命に生きる野沢家の人々の姿は、可笑しくて、切なくて、いとおしい。
泣いて笑ってまた泣いてしまう、渾身の感動作が誕生しました。
商品情報
書名(カナ) ワラウオソウシキ
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 仮フランス装
初版奥付日 2017年10月15日
ISBN 978-4-16-390730-7
Cコード 0093

著者

野沢 直子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く