作品紹介

詩人で絵本作家の笹原、画家の石黒、40代後半の美しい珠代という名の女性の三角関係を描く長篇小説です。笹原は編集者に紹介され石黒と出会います。二人はたまたま中学の同級生であると分かり距離が縮まっていきます。石黒は愛想は極めて悪いが憎めない魅力的な男です。一冊の絵本を一緒に仕上げますが、その後、石黒は突然仕事をすべてやめてしまった。石黒は若年性アルツハイマーを病んでいるのでした。そして、ナックルボールを投げることだけに異常に執着します。ナックルボールを仲立ちにして、マドンナたる珠代に出会った二人は、まったく違ったように仲良くなのでした。笹原はじりじりしながら友人と珠代の間を行き来しますが、ある日石黒は失踪してしまい、笹原と珠代は必死で石黒を探し始めるのでした。中年男女三人に遅れてやってきた青春を描く、さわやかで感動的なドラマです。

担当編集者より
ねじめさんの親友のとある漫画家が若年性認知症にかかりました。その友人のことを書けないかという強い思いからこの小説は生まれました。中年男二人の友情と、そこに現れた年下だが、また中年女性のマドンナが繰り広げる遅れてきた青春ドラマです。ねじめさんの人間への温かい視線がすべての読者の心を打つに違いありません。
商品情報
書名(カナ) ナックルナサンニン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2017年10月25日
ISBN 978-4-16-390741-3
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く