作品紹介

作家・藤沢周平が亡くなって二十年。
娘・遠藤展子さんの手元には、父の手帳、計4冊が遺されていた。そのなかには、展子さんが生まれた昭和38年から、直木賞を受賞し、作家生活に踏み出した昭和51年までの苦悩と格闘の日々が克明につづられていた。
展子さん誕生の8か月後、28歳で先妻悦子さんが病死。当時から小説の情熱やみがたく、執筆、投稿生活を送っていたが、「作家・藤沢周平」は夫婦の夢でもあったのだ。
小説を書かねばならないーー。絶望のなかで、藤沢周平は何度も決意を書き記す。
幼い娘の育児と仕事を両立させていたギリギリの生活。再婚、新人賞受賞、いよいよ小説家への一筋の光が見えてくる。そこから直木賞受賞までの煩悶、作品、生活に対する厳しい自己批評・・・、愛娘がその苦闘の記録を読みとく。
「蟬しぐれ」「たそがれ清兵衛」など、哀感あふれる作風で知られる作家のデビュー前からの変わらぬ姿勢が伝わってくる一冊である。

目次
はじめに
Ⅰ 私、産まれる
親子三人
小説を書かねばならない
新しい年
オール讀物新人賞応募
仕事と子育て
父の子守歌

Ⅱ 金山町雑記
二足のわらじ
直木賞受賞
専業作家となる
小説の転機
徹底して美文を削り落とす
終わりに
商品情報
書名(カナ) フジサワシュウヘイ ノコサレタテチョウ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2017年11月30日
ISBN 978-4-16-390761-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く