作品紹介

復活第一回の芥川賞を受賞した由起しげ子、小谷剛氏の作品から、戦後文学に一時代を画した井上靖、安部公房、堀田善衞氏らにいたる多彩な名篇、佳品を八篇収録した

目次
由起しげ子: 本の話
小谷剛: 確証
井上靖: 闘牛
辻亮一: 異邦人
石川利光: 春の草
安部公房: 壁
堀田善衛: 広場の孤独・漢奸
商品情報
書名(カナ) アクタガワショウゼンシュウ
ページ数 512ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 布装函入
初版奥付日 1982年05月25日
ISBN 978-4-16-507140-2
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く