単行本
単行本

芥川賞全集 第七巻

柴田 翔 他

  • 定価:本体2,427円+税
  • 発売日:1982年08月17日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

革命幻想と不毛の恋を描いた柴田翔氏の「されどわれらが日々—」、女性の心理の襞を精緻に彫琢した津村節子氏の「玩具」など、文学の醍醐味を充分に満喫できる六佳作

目次
柴田翔: されど われらが日々――
津村節子: 玩具
高井有一: 北の河
丸山健二: 夏の流れ
大城立裕: カクテル・パーティー
柏原兵三: 徳山道助の帰郷
商品情報
書名(カナ) アクタガワショウゼンシュウ
ページ数 450ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 布装函入
初版奥付日 1982年08月25日
ISBN 978-4-16-507170-9
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く