作品紹介

「民を愛せぬ守護地頭など、滅びるがいい」徒手空拳、伊豆・相模を我が手に収め、戦国時代の先駆けとなった北条早雲の鮮烈な生涯

担当編集者より
全国民が哀悼の意を捧げた急逝から二年半、いよいよ待望の第3期司馬遼太郎全集が刊行されます。第一回配本は最後の新聞連載小説となった「箱根の坂」。下克上の応仁の世に徒手空縁、伊豆・相模を手中に納めた快男児、北条早雲の鮮烈な生涯を描く傑作長編です。「この国のかたち」にも通じる、司馬氏晩年の日本に対する熱い思いが色濃く滲み出た作品でもあります。既刊五十巻ともども、ご愛読下さい。(TA)
商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウゼンシュウ ハコネノサカ
ページ数 616ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 1998年10月10日
ISBN 978-4-16-510510-7
Cコード 0393

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く