作品紹介

遣唐使の上陸地・寧波、蜀の都・成都、世界最大の港だった福建省泉州……、該博な歴史知識と溢れる好奇心で語った中国のさまざま

担当編集者より
自らの筆名を中国の史家、司馬遷に求めた司馬さんの中国史への想いは、いうまでもないことですが、浙江、四川、雲南、福建への紀行を収めたこの巻は、「街道をゆく」シリーズ中でも、まさに白眉と言えるでしょう。歴史の霧の中に浮かぶ夏王朝の謎から、現代のさまざまな問題に至るまで、圧倒的な知識と深い洞察に裏打ちされ、平易な文章で語られた中国紀行は、まさに世界に誇れる文化遺産です。(TA)
商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウゼンシュウ カイドウヲユク ナナ
ページ数 536ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 1999年05月10日
ISBN 978-4-16-510580-0
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く