作品紹介

坂本竜馬も通った土佐脱藩の道、古代から日本と縁の深かった韓国最南の島・済州島……。因幡・伯耆、秋田、飛騨と巨匠の旅は続く

担当編集者より
昭和四十六年から平成八年まで、四半世紀にわたって連載が続いた「街道をゆく」は、日本の紀行文学の中で不滅の光を放っています。この巻で取り上げられたのは、古来、因幡・伯耆という異なる国だった島根、坂本竜馬も通った土佐脱藩の道・檮原街道、古事記の時代から日本と縁の深かった韓国最南端の島・済州島、秋田、飛騨と盛り沢山。歴史を今につなぐ司馬文学の精髄、いよいよ佳境に入ります。(TA)
商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウゼンシュウ カイドウヲユク キュウ
ページ数 560ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 1999年07月10日
ISBN 978-4-16-510600-5
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く