単行本
単行本

司馬遼太郎全集 第62巻街道をゆく 十一

司馬遼太郎

  • 定価:本体3,429円+税
  • 発売日:1999年09月08日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

古歌で名高い白河の関、観光客を謝絶し孤高をまもる京都大徳寺、東京に残る江戸・明治の精神……。歴史の狭間に心休まる地を探す旅

担当編集者より
司馬遼太郎全集 第六十二巻 かつて太田道灌が築いた小城はあったものの、豊臣秀吉の命令で長年の根拠地、駿河から徳川家康が国替えしてくるまで、江戸は関東の一寒村でした。本所、深川、神田、本郷と、突如、日本の首都となった江戸の下町、山の手を歩き、江戸・明治を偲ぶ巨匠の散歩道は、都市の姿を探るユニークな紀行です。併録の「ニューヨーク散歩」と合わせ、お楽しみください。(TA)
商品情報
書名(カナ) シバリョウタロウゼンシュウ カイドウヲユク ジュウイチ
ページ数 496ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 1999年09月10日
ISBN 978-4-16-510620-3
Cコード 0395

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く