単行本
単行本

カノン

篠田節子

  • 定価:本体1,553円+税
  • 発売日:1996年04月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

二十年前に愛した男が自殺の際に演奏したバッハのカノン。その調べに乗って起きる不可解な出来事。恐怖をこらえて、瑞穂は謎に迫る

担当編集者より
先だっての直木賞でも明らかなように、最近元気な国内ミステリー。そんな中で篠田さんは、着実に実力をつけ、去年は賞の候補にもあがり、今後もさらなる活躍が期待される若手の注目株です。『カノン』は、昔の恋人が自殺してから奇怪な出来事に見まわれる主人公を軸に、三人の男女の愛、憎しみ、挫折、哀しみを描いた作品。全篇を通じてバッハのカノンが幻聴のように聞こえてくる、ホラーのスパイスの利いた男と女の物語と言えます。(B)
商品情報
書名(カナ) カノン
ページ数 344ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年04月25日
ISBN 978-4-16-640090-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く